西国分寺駅徒歩30秒にある鍼灸整骨院です。各種保険取扱い。

治療内容

  • HOME »
  • 治療内容

治療内容一覧

当院での治療は、ご来院される患者さまの症状により、適した施術方法を適時選択しながら行っていきます。自分にあっている施術、又は苦手な施術があれば、遠慮することなくスタッフまでお気軽にお申しつけください。

カイロプラクティック

トムソンテーブル

DSCN3175 空気圧を利用して、数回に分けて骨盤のズレ・身体の歪みを調整するものです。
(ボキッという施術が苦手な方にお勧めです。)

ディバーシファイド

モアレフォトグラフィーなどを用いて、視診・触診・関節の可動域などの検査を します。悪くなった部分を特定するといった、カイロプラクティックの テクニックのなかでは最も高度な技術を必要とする治療法です。ポキッと関節が鳴るような音が伴いますが、院長はかつてカイロプラクティックの講師でもありますので、できるだけ負担が少なくかつ、正確に正常な動きをつけることができます。
ねじる様な操作」や「瞬間的に押し込む操作」を使った矯正が多く、正しい教育を受けずに行なうと大変危険なテクニックでもあります。当院ではしっかりと教育を受けた、経験豊かなスタッフのみ行います。ご希望の方はッフにお尋ねください。

SOT・ブロックテクニック

ソフトカイロ治療になりますので、刺激に弱い方、妊娠中・産後で骨盤がズレている方などにお勧めです。出産前、生理による腰痛の予防としてもお勧めできます。

IMG_9977

骨盤矯正

骨盤は上半身の体重を支え大切な内臓を入れる器です。この骨盤が歪んで広がってしまうと、内臓が本来あるべき位置から下がってしまったり、下半身の血行が悪くなり下半身のむくみや冷え性になる事もあります。上半身に比べて脚が太い、と悩んでいる方は、骨盤が歪んでいるかもしれません。
骨盤矯正は高度なテクニックなので、まずはじめに1人ひとりの体調、体質に合わせ、充分に筋肉をマッサージします。体を柔軟にさせてから、骨盤矯正へと段階を経て進みます。

kotuban01

kotuban02

O脚矯正

O脚やX脚は生まれつきのものではありません。脚をねじって座るくせ(横座りやペシャンコ座り、あぐらなど)により、骨盤が無理に開き、O脚やX脚になってしまいます。
綺麗な脚の為に激しい運動や筋肉トレーニングで筋肉をつけても、土台の骨格が歪んでいると、筋肉も不恰好についてしまいます。
画像からズレや歪みなどを検査し、原因が骨盤によるものであればトムソンテーブル・ブロック調整などを使って施術していきます。
DSCN3179

 

 

手技療法

ヒーリング系

若干の痛みと悪い所に響く心地良さ(いわゆる、”イタ気持ちよさ”)により、根本的な改善を目指します。1、2日ほどダルさ、もみ返し感(好転反応といいます)がでる場合もありますが、それは症状がよくなっていくためのプロセスです。

リラクゼーション系

リズミカルな手技により副交感神経を優位にし、日々のストレス・疲労による症状の方にお勧めです。ゆったりとした心地よいマッサージです。

 

鍼灸(はり・きゅう)

経絡治療

更年期障害自律神経症状不定愁訴などをお持ちの方にお勧めです。
経絡自律神経治療
自律神経と経絡(ツボの流れ)は密接な関係が有り、今、最も注目の施術法のひとつです。
鍼灸を中心とした東洋医学的施術法により、自律神経のバランスをとり、免疫リンパ球の働きを高め自然治癒力を高めるこれからの施術法です。

トリガーポイント治療

20年前アメリカで発表された理論です。
「筋肉の古傷(硬結)が原因で頭痛・腰痛・神経痛など各種の痛みを引き起こす。」というもので東洋医学の「ツボ」と重複するポイントも多く、的確な施術を行います。
リバウンド、もみ返しが出ることもありますが、根本的施術法として注目を浴びています。
これからさらなる進歩、研究が期待される施術法です。ぜひ一度お試しください。DSCN3174

 

ライズトロン

今までの医療機器では届き難かった深部の慢性症状に絶大な効果が期待される最新のマシーンです。2012年に認可された最新最先端の医療機器です。毎秒2700万回の振動を起こす超音波エネルギーが深部で温熱効果を生み出します。マッサージや手技療法でも指が入らなかった深部にアプローチが可能です。薄手の生地であれば、服の上から治療でき、最短5分で効果を実感できます。
超短波イメージプローブ

ライズトロン治療に関してくわしくはこちらをご覧ください。

 

低周波治療

低周波(パルス)を体に与えると、神経が刺激され敏感に反応する性質を利用して筋肉の運動を起こします。

低周波

テーピング療法

テーピングとは、人体の各関節や身体部位にテープを巻いたり貼ったりすることです。
主な目的は「関節を固定して骨格構造を保持」「関節運動を意図的に制限しその範囲内で運動をおこなわせる」、また「急性外傷時に圧迫により毛細血管からの出血を抑えて痛みの緩和」などですが、他にキネシオテーピング療法の様に、固定しないテーピング療法もあります。

クライオ療法

これまでの施術は、多くの場合暖める事が重視されていました。「冷え」が原因で発症した場合は暖めることにより治癒するものもありますが、症状によっては、温熱療法を行うと余計に悪化する場合もあります。
しかし、ただ冷やせばいいのではなく、冷やし方が重要となってきます。
凍傷にならないギリギリの低温で患部を短い時間冷やします。中途半端な冷たさで長時間冷やすと体そのものが冷えてしまうのです。
また、炎症の強い箇所、局所を冷やし、不必要な部分は冷やさないようにするのも重要です。
DSCN3182

 

交通事故・労災

交通事故

交通事故における様々な症状は、早期に治療し、後遺障害を作らないようにしなければなりません。治療をご希望の方は、保険会社へ当院にて治療する旨ご連絡ください。

交通事故専門外来についてはこちらをご覧ください

労災

通勤における事故や勤務中の事故は、労働災害保険の対象となります。これらの治療も取り扱いを行なっております。

info

各種健康保険取扱い 予約優先制 急患随時受付 交通事故・労災取扱い TEL 042-329-3630 西国分寺駅から1番近い整骨院です!

PAGETOP
Copyright © にしこく鍼灸整骨院 All Rights Reserved.